知らなんだ!

思いついたことを書く雑記ブログ

【温泉用語】おろけ風呂、カラン、あなたはいくつ知ってる?

どうも〜、今日家族で温泉に行ってきました。

 

ということで今回は温泉用語クイズを出題します。

 

デデんっ!

 

 

 

Q.下の8個の温泉用語のうち、意味がわかるものは何個あるか。

 

 

1.湯女  2.おろけ風呂  3.行水  4.外湯

5.ヒノキチオール  6.ロウリュ  7.カラン  8.ハイポコースト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え 

 

 

 

 1.ゆなと読みます。江戸時代、風呂屋で垢すりをしたり、売春をしたりした女の人のことです。

 

2.簡単にいうと蒸し風呂です。江戸時代のお話です。今でも一部残っているところがあります。

 

3.これはわかったのではないでしょうか。「烏の行水」ってありますよね?あれの人間バージョンです。お湯や水で体を洗い流すこと

 

4.これもわかりますね。内湯に対して外湯。内湯はホテルとか旅館にあるお風呂です。

そうではなく、公衆のお風呂のこと

 

5.そう、あなたの予想どうりこれは成分の名前です。これが入っている入浴剤もあります。抗菌や殺菌作用があります

 

6.「?」という感じだと思います。それもそのはず、これはフィンランドのサウナの一種だからです。サウナストーンに水をかけ、水蒸気で体感温度をあげます。名前は知らなくても入ったことがあるのではないでしょうか。

 

7.ほとんどの人は見たことあると思いますが、どういう意味か知っていますか?

これは「蛇口」という意味です。オランダ語の「kaan」からきているようです。

 

8.必殺技の名前みたいですね。これを知っている人はなかなかいないと思います。なぜならこれは、古代ローマのセントラルヒーティングシステム(床暖房)だからです。温泉といえばローマです。古代ローマの温泉について調べたことがある人だったら知ってると思いますが、なかなかそんな人いないですよね。

 

 

 

 

6個以上わかったあなたは温泉マスターだ!

以上。