つなかん’s プログラミング!

高校生のプログラミング挑戦記

【夏バテ】暑いからと言って冷たいものを食べ過ぎてはいけない理由

f:id:tsunakanSP:20170711102422j:plain

おひたしぶりです!

 

最近暑いですよね、寒い逆で涼しくなったでしょうか。

 

暑くて何もする気にならない、夜も眠れない。

そんな日々を過ごしているかと思います。

 

 

暑くて食欲がない方もいるでしょう。

私もその一人、冷たいもの以外は食べたくないです。

 

しかし、暑いからと言って冷たいものばかり食べるのは体にとって悪影響が多いんです。

 

何故なのか、その理由をお教えします。

 

 

 

人間の体温は一定に保たれています

これはご存知ですよね、体温を測れば基本的にいつでも同じような温度になりますから。

 

一定の温度に保たれている、その中に冷たいものを投入するとどうなるか。

とりあえず体の温度が下がりますよね。

 

温度が下がったままじゃいけないということであなたの体は体温を元に戻そうとします。

 

体温を戻すにはエネルギーが必要です。

体力を使ってしまうんです。

ただでさえ夏バテで消耗している体力を、温度を上げるために使ってしまうんですよ。

 

あなたはアイスを食べた後にぐったりした経験があるのではないでしょうか。

 

それはこういうことなんです。

 

 

 

ベストな温度がある

これもまた体温に関係することなんですが、

人間の体は平熱のときにもっともよく働くんですよ。

 

なので冷たいものを食べて体温を下げてしまうと、

体(臓器)の働きによくないんですね。

 

具体的に何が良くないか、それは食べ物の消化です。

臓器の働きが落ちてしまう、もちろん消化器系の臓器も同じです。

 

だからなんなのか、人間はどうやってエネルギーを得るのかを考えれば簡単だと思います。

エネルギーを得る方法はもちろん、食べ物を食べること。

そして、それを消化吸収するんです。

 

消化の働きが落ちてしまうということはエネルギーを得難いということ。

 

 

なのでアイスなどの冷たいものを食べると、夏バテが酷くなるだけなんです。

 

 

 

まとめ

冷たいものの恐ろしさを理解していただけたでしょうか。

 

もちろんたまに食べるならいいんですが、私のように暑いからと言って冷たいものばかりを食べていると後で痛い目にあいますよ。

 

今回は夏バテならではの悪影響を書きました。

なので理由にはあげませんでしたが、お腹の調子が悪くなるのも

大きな悪影響ですよね。

 

 

 

アイスを食べたら簡単にお腹の調子が悪くなるのに、

1日に何個もアイスを食べて痛い目にあっている。

 

いい加減反省すればいいのに。

っていうか食欲がないんだけどどうしたらいいのかな。

 

食欲がないから冷たいものを食べる、それによって夏バテが悪化。

また冷たいものを食べる。

 

負の連鎖だ。