つなかん’s プログラミング!

高校生のプログラミング挑戦記

弟、風呂で熱唱問題

f:id:tsunakanSP:20170512211518j:plain

チワッス、つなかんです。

 

以前こんな記事を書きました。

 

tsunakan.hateblo.jp

 

これに引き続き、弟問題パート2ということで書かせていただきます。

 

 

 

 

上の記事では私の部屋はトイレに近い、と書きました。

 

近いんです、でも近いのはトイレだけではないんです。

 

風呂場・・・

 

こいつも私の部屋の近くにあるんですよ。

 

ってことで問題となるのは「音」です。

近いから音が聞こえてしまうんですね。

 

でもシャワーの音とかそんなのは気になりませんよ。

 

 

私が気になっているのは・・・

 

 

 

弟の歌声

歌声と書くと聞こえがいいかもしれませんけど、

そんないいものじゃありません、騒音です。

 

誰でも知っているようなヒットソングを風呂に入っている間ひたすら歌ってます。

馬鹿でかい裏声で。

 

裏声っていうのが一つ問題なんですよ。

 

低音ボイスで歌ってくれればまだマシなんですけど、

裏声って高いじゃないですか。

 

そして高い音ってめちゃくちゃ響くじゃないですか。

 

ほんと響いてるんですよね。

私の部屋だけじゃなくて、家中に響いてるんじゃないかって声量で歌ってますから。

 

 

 

対策

弟が風呂に入る時、私は勉強してるかブログを書いてることが多いんですね。

そんな時に熱唱されたら全然集中できないんですわ。

 

ちなみにこの記事も弟が熱唱している時に書いたものです。

MONGOL800の「小さな恋のうた」を歌ってました。

 

弟が風呂で熱唱するようになったのは最近のことなんです。

それが始まったばかりの頃は、うるさくて集中できなくてイライラしていました。

イヤフォンで音楽を聴いてごまかそうとしたりもしましたが、それはできませんでした。

 

声が大きすぎるんです。

イヤフォンをつけていつも通りの音量で音楽を聴いても、余裕で弟の歌声が聞こえてしまうんです。

 

私の耳が壊れてしまうほどの大音量にしない限り、熱唱が聞こえなくなることはありません。

 

 

 

対策2

上に書いた通りイヤフォンで音楽を聴くのは通用しませんでした。

どうすればこのイライラから解放されるんだろう、と考えているとあることが浮かびました。

 

この程度のことでイライラするほど私の心には余裕がないのか、と。

 

余裕がない?いやそんなことはない、そう思いました。

 

それからはあの熱唱が聞こえてきても、それを受け止めるようになりました。

この程度でイライラしてたら社会人としてやっていけない、そう思ったからです。

(まだ社会人じゃないけどね)

 

 

 

さいごに

結局は心の問題だったんですね。

寛大な心を持てばいい。

 

でもまだちょっとイライラすることもあるかな、特に余裕がないときは。

 

 

じゃ、そゆことで。