つなかん’s プログラミング!ってことにしておこう

高校生のプログラミング挑戦記とかいっちゃうけど、、、実は

まだ狭い世界で消耗してるの?

f:id:tsunakanSP:20170501211120j:plain

チワッス、つなかんです。

 

今回は勉強のことについて書きます。

今回というか最近は勉強関係の記事が多いですけど。

 

今興味のあることの方が書きやすいんですよね。

ブロガーさんなら理解していただけるのではないでしょうか。

 

 

まあそれはおいときます。

 

この記事は何が言いたいのかというと、

勉強した方がいいよってことです。

 

 

 

今は勉強が嫌いじゃない

今はってことは、嫌いだったこともあったってことです。

 

具体的には、今から一年前。

私が高校に入学したばかりの頃は勉強が嫌いでした。

小学生の頃からずっと嫌いで引き続き中学生になっても嫌いなままでした。

 

でも今は好きなんです。

嫌いなものが好きになると言うんだから何かしらの理由はあるはずですよね。

 

その理由は勉強したら世界が広がると思えるようになったからです。

 

 

 

 

どう言うことか説明しますね。

 

私は大人になっても基本的に就職するつもりはありません。

独立したいと思っています。

 

そう思い始めたのは半年ほど前です。

それからはそれに関する情報を調べるようになりました。

 

でも調べているだけなんです、行動をせずに。

今考えるとすぐに何かしら行動した方がよかった。

 

 

 

行動はしなかったのですが得られたものはあります。

それは勉強の大切さを知ることができたことです。

 

会社に所属している場合は与えられた仕事をこなせばいいわけです。

そうすると毎月給料がもらえます。

 

しかし独立した場合、何もしなくても仕事が与えられることなんてありません。

自ら何かを発信したりして信用を勝ち取る、

そうすることでやっと仕事を与えられるのです。

 

 

 

両者の違いは仕事を与えられるか、否か。

 

そうなると仕事を得るためにも勉強が必要となるわけです。

生きるためには仕事を得なければならないのですから。

 

 

なので生きるためには勉強は必須ということです。

勉強なんてしたくないなんていってられない。 

 

そうして勉強の大切さを理解し、勉強をするようになりました。

 

その中で思ったことが、世界が広がるということ。

 

 

 

英語がわかりやすいので英語を例に説明します。

 世界でもっとも使われている言語、英語。

 

英語を読み書きできたらどうでしょうか。

世界には情報があふれています。

その中で重要なものは日本語にも翻訳され、私たち日本人も読むことができます。

 

しかし全ての情報が翻訳されるわけではないです。

翻訳されない情報は知ることはないです。

 

だから単純に、英語が理解できれば翻訳されないような情報も手に入れることができるのです。

 

ブログなどで翻訳されていない情報を翻訳&解説したら立派な記事になりますよ。

 

そしてそれらの情報は英語を知らない人にとって、そこでしか知ることができない貴重な情報なわけです、需要もあります。

 

これだけでも英語を勉強する十分な理由になると思う。

 

そして知らない情報を知れるということは、世界が広がるってことでいいんじゃないですかね。

 

 

 

さいごに

会社員は楽と言っているわけではないです。

もしそう感じたのなら私の表現力不足が原因です。

 

申し訳ございません。

 

 

これにて