読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つなかん’s プログラミング!

高校生のプログラミング挑戦記

【猫舌の人必見】 ○○でかなり改善できますよ

f:id:tsunakanSP:20170427204520j:plainチワッス、つなかんです。

 

猫舌、つらいですよねえ。

家族でラーメンを食べに言った時は、最初にラーメンが来たのに最後に食べ終わってしまいます。

 

原因はもちろん猫舌です。

 

 

麺を持ち上げてフーフーするじゃないですか?

 

家族と同じくらいの時間だけ

 

フーフーして口に運んだら、熱くて吹き出しちゃいます。

なので長い時間フーフーする必要があるんです。

 

だから結局食べ終わるのが遅くなってしまう、ということです。

 

正直面倒なんですよね、フーフーするの。

10秒間ぐらいフーフーしてやっと食べられるくらいの温度になります。

 

10秒ですよ、10秒。

本当にめんどくさいんです。

 

 

猫舌である私が気づいた、熱いものをすぐに食べることのできる方法はこれ。

猫舌のあなた、麺すすれますか?

 

すすれるあなたはこの記事を読んでも何も得ることはありません。

すすれないあなた、すすれるようになるとだいぶ猫舌が改善されるかもしれません。

 

 

 

目次

 

 

 

なぜ麺をすすれたら猫舌が改善されるのか

麺をすするときは一緒に空気も吸っているのです。

その空気が熱湯の熱さを和らげてくれるのです。

 

根拠はありません、しかし私は間違い無いと思っております。

 

 

 

すすれないあなたは知らないかもしれないけれど・・・

すすれていないあなたは空気による熱さ緩和を知らないと思います。

というかそんなところに原因があるなんて思っていなかったのでは無いでしょうか。

 

すすれるようになる努力をしてください。

これに関しては記事の趣旨から外れるの自分で調べてね。

 

すすれるようになったら、

あえてすすらないで食べるのと、すすって食べるのを比べてみてください。

 

その違いに気づくと思います。

 

 

 

基本は同じ

ラーメンの話しかしていませんが、熱い食べ物は他にもありますよね?

ちょっと浮かばないのですが、まあたくさんあると思います。

 

でも何を食べるにしても空気を吸うことが大切だと言うことに変わりは無いです。

 

今思いついたのですが、

たこ焼きのように中に熱々のものが入っているのは厳しいかもしれないですね。

ショーロンポーとか。

 

その辺はご愛嬌ということで。

 

 

 

まとめ

改めて言いますが、根拠はないです。

それでも試してみるだけのことはあると思います。

 

すすれるようになるのなんてそんなに大変なことじゃ無いので。

 

慣れちゃえば余裕ですよ、余裕。

 

初めてすすれた時は空気が麺と一緒に入ってくる感覚にとても驚きました。

なんだろう、ちょっと言葉では説明しづらいのですがすごい新鮮な感じがしました。

 

 

猫舌を改善して、あの煩わしいフーフー地獄から抜け出しましょう!

頑張ってください。

 

 

これにて