読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つなかん’s プログラミング!

高校生のプログラミング挑戦記

高校卒業したらどうしよう、、、ブロガーにでもなるか!

f:id:tsunakanSP:20170420182052j:plain

お題「受験」

 

チワッス、つなかんです。

 

私の高校生活も2年目に突入しました。

2年後には高校を卒業しているわけです。

 

そこで考えなくてはならないのは卒業後の進路。

 

 

 

学校でも進路についての授業があったりしますが、

みんなめんどくさそうにしています。

 

そんな中私は進路について考えるのが楽しくて仕方なかったのです。

なので進路の授業はいつも楽しみでした。

 

入学当初、私は高校を卒業したら大学に行こうと考えていました。

というか私にはその一択しか見えませんでした。

 

 

しかし様々なことを見たり聞いたりしているうちに

必ずしも大学に行く必要はあるのか?、と疑問に思うようになりました。

 

私の両親は二人とも高卒ですし、親族に大学を卒業している人はほとんどいません。

そして大学に行くことを勧められているわけでもありません。

 

むしろ、専門学校でもいいんじゃない?とさえ言われています。

(これは金銭的な問題があるためです)

 

 

そもそもなんで大学に行こうと思っていたのか

周りのみんながそうだからなのか、と考えたりもしたが

周りを見渡して見るとみんながみんな大学に行くわけでもない。

 

学年全体で見てみても大学への進学を希望している人はそれほど多くない。

 

 

私は今も大学への進学を希望してはいるがなぜ行きたいのかわからなくなってしまった。

 

しかも私が希望している大学は、

私の高校では一年に一人行くか行かないかというレベルだ。

 

これは私が通っている高校のレベルが低いというのもあるかもしれないが、

それよりもその大学のレベルが高いから、という方がしっくりくる。

 

全国的に見ても難易度(偏差値)は高いほうだろう。

 

 

私はそんな大学への進学を希望しているわけだ。

さっさと進路を決めて勉強しないと受からないかもしれない。

 

高三になってから慌てて勉強していては間に合わないかもしれない。

 

なので高二の今のうちから進路を決めて勉強をしたいわけだが、

先ほども言ったようになぜ大学に行きたいのかわからないのである。

 

だから親に「専門学校でもいいんじゃない?」と言われるとすぐに心が揺らいでしまう。

 

それになぜ行きたいかわからないから

専門学校じゃダメなの?という問いにも答えられない。

 

こんな中途半端な気持ちでは勉強に身が入らないし、仮に大学を受けて合格したとしても大金を払ってもらっている親に申し訳ない。

 

まだ時間が残っているので考えていくが、しばらくは大学に進学の方向でいく予定。

 

 

 

まとめ

「受験」というワードからは少し離れてしまいましたがお許しください(≧∇≦)

 

ブログを始めてたくさんの生き方あることがわかりました。

たくさんの考え方があることもわかりました。

 

まだ一ヶ月しか経ってないんですけどね。

 

もっと頭を柔らかくしていろんな生き方を模索していきたい。

でもやっぱり大学に行きたいという気持ちはあるなぁ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

これにて