つなかん’s プログラミング!

高校生のプログラミング挑戦記

今さら「トイレの神様」を聞いて思ったこと

f:id:tsunakanSP:20170401110816j:plain

チワッス、つなかんです。

 

今回は植村花菜さんの「トイレの神様」について書きます。

 

なんで今さら「トイレの神様」について書くのか。

疑問に思わないだろうか。

 

 

その理由は簡単である。

 

頭の中に急にあのフレーズが浮かんだからだ。

 

「トイレにはそれはそれはキレイな女神様がいるんやで」

 

そう、このフレーズだ。

 

正直この部分しか覚えていない。

なぜ急にこの歌のことを思い出したのかもわからない。

 

 

この曲が話題になったのは2010年。

7年前のことだ。

 

7年前私は9歳だった。

大人からしてみれば最近のことかもしれない。

 

しかし私にとっては7年も前のことだ。

16歳にとって7年前は懐かしい昔の話だ。

 

 

とまあ、それはおいといて

今回再び聞いて思ったことを率直に書こうと思う。

 

なお聞く前に批判的な意見を多くみてしまったので、

意見が偏ってしまうかもしれない。

 

ご了承ください。

 

 

 

目次

 

 

 

歌詞・ストーリーがわかりやすい

 

非常にわかりやすい歌詞・ストーリーなので、

小学生にもわかりやすいのではないか。

 

私は比喩表現とかあまりよくわからないけど、

聞いていてわからない部分が特になかった。

 

※馬鹿にしているわけではない

 

 

 

自分と重なる部分がある

 

私の祖母は2年前

私が中学二年生の春休みに亡くなった。

それと少し重ねてしまう。

 

いろんなことをしてもらったけど何もできなかった。

 

私は亡くなるまでは特になんとも思っていなかった。

むしろ早くいなくなって欲しいと思っていた。

 

しかしいなくなってからやっと大切さに気づいた。

 

「大切なものは失ってから気づく」というがまさにそうだと思う。

 

涙が出るまではいかないが、

重ねてしまう部分である。

 

 

 

長い

 

知っての通りこの曲は10分近くある。

 

先ほど初めて聞こうと思ったのだが、

「10:00」と書いてあるのをみてビビった。

 

聞くのが億劫になってしまったが、

一通り最後まで聞いた。

 

君の名は。」の劇中歌として使われた

RADWINPSの「スパークル」も長いなとは思っていたが、

それを超える曲があることにとても驚いた。

 

 

 

まとめ

 

グーグルで「トイレの神様 歌詞」と入力すると

トイレの神様 歌詞 ひどい」というのが出てくる。

 

どれだけひどいのかと少し不安に思ったが、

何がひどいのかはよくわからなかった。

 

上に批判的になってしまうかもしれないと書いたが

このように特に批判的にはならなかった。

 

 まあ良かったんじゃないすか。(テキトー

 

 

これにて