つなかん’s プログラミング!

高校生のプログラミング挑戦記

勉強法の本を読んで気が付いた 人生で大切なこと5つ

f:id:tsunakanSP:20170330172621j:plain

チワッス、つなかんです。

 

今回は初めての書評。

 

読んだ本は、佐藤大和さん著の「ずるい暗記術」です。

 

勉強に関する本ですが生きていく上で大切なことも書いてます。

 

私が共感した部分を紹介しますね。

 

 

 

 

目次

 

 

 

とりあえずやってみる

 

こうしてみたらどうなるんだろう

ああしてみたらどうなるんだろう

 

普段生活していく中で

このようなことを考えたことがあると思います。

 

そう思ったらやってみればいいんです。

 

たとえ失敗したとしてもその体験は後で役に立つはずです。

 

 

 

最初から完璧を求めなくてもいいんだよ

 

このブログを始めたとき、

「あんな風になりたいな」と思ったことがあります。

 

でも、そんな急になれるわけないじゃないですか。

 

一歩一歩ゆっくり進んでいく。

 

最初は小さな目標でもいい。

 

それを繰り返していく。

 

そしたら気が付いた時には、

あんな風になれているかもしれない。

 

いきなり高いハードルを設定すると、できなくて落ち込み、どんどん負担になっていっってしまいます。そのような状況に陥らないためには、最初から100%を目指さないことです。

 

 

 

休憩も必要

 

なんだってそうですが、

同じことをずっと続けていたら嫌になっちゃいますよね。

 

そうならないためにも休憩は必要なんです。

 

休憩するには勇気が必要なんだ。

 

勇気を振り絞って休んでみると普段気づかないことに気づいたり

新しい発見も多い。

 

脳のリフレッシュにもなる。

 

「時間がもったいない」と言う人もいるかもしれませんが、まったく休まないと効率が落ち、トータルで見るとマイナスなのです。忙しくても、あえてオフの日をつくるようにしましょう。

 

 

 

やっぱりモテたいよね

 

モテたいです。

 

マジでモテたいです。

 

別に彼女なんていらないとか強がりながらも

やっぱり彼女がほしいんです。

 

そして今片思いしている子がいるんです。

 

その子にモテてやるっていう強い気持ちが、

私のブログを書く原動力になっています。

 

 

 

限界を越えろ

 

「私にはできない」とか「僕にはできない」とか 

そんなことを考えても仕方ない。

 

限界は越えるためにあるんだ。

 

もし自分ではできると思っていても

それを周りの人に話すと「お前じゃ無理だ」と言われるかもしれない。

 

だが、それがなんだ。

 

そんなの関係ない。

 

他人の言葉で自分の可能性を否定しないでほしい。

自分の可能性を信じてほしい。

 

 

 

まとめ

 

ただの高校生が色々と生意気に言いました。笑

素直に思ったことを書いただけです。

 

 

しかし勉強方法の本を読んで

ここまで人生のことを勉強できるとは思っていなかった。

 

昨日急にブログを書く気が失せたのです。

 

しかし今日この本を読んで

「やるしかない」という気持ちに溢れております。

 

 

これにて