つなかん’s プログラミング!ってことにしておこう

高校生のプログラミング挑戦記とかいっちゃうけど、、、実は

ChromeのJavaScriptを無効にする方法

f:id:tsunakanSP:20170327213706j:plainチワッス、つなかんです。

 

先日こちらの記事でコマンドを紹介しました。

 

tsunakan.hateblo.jp

 

その中にはJavaScriptを無効にしないと出来ないコマンドがありました。

 

 

ということで今回は、

ChromeJavaScriptを無効にする方法を紹介します。

 

 

目次

 

 

 

javascriptを無効にする手順

 

Chromeを開きます。

 

上部にアドレスバーがありますよね?

 

その端に星マークがあると思います。

 

さらにその横に「・・・」みたいなのありませんか?

 

それをクリックしてください。

 

するとメニューが表示されます。

 

下の方に「設定」があります。

クリックしてください。

 

新しいタブで設定画面が表示されたと思います。

 

一番下に「詳細設定を表示」という文字があるのでクリックしてください。

 

プライバシーという項目の「コンテンツを設定」をクリック。

 

javascriptという項目がありますね?

それの「全てのサイトに対してjavascriptの実行を許可しない」にチェック。

 

 

これでjavascriptを無効にできました。

 

 

 

元の設定に戻すには

 

そのままでも使えるとは思いますが、

いつもとは動きが違うし不便だと思います。

 

戻すことを推奨します。

 

戻し方は

 

全てのサイトでjavascriptの実行を許可する(推奨)

 

にチェックするだけです。

 

 

「(推奨)」とあるようにGoogleさんも推奨してますからね。

 

やっぱり戻すべきですよ。

 

なんで推奨してるのかって、

それは便利だからですね。

 

実行を許可した方が便利だから推奨してるんですね。

 

あなたならそんなに何回も言わなくても元に戻すと思いますけどね。

 

 

 

まとめ

 

普段Chromeを使っていてjavascriptを無効にすることはないと思います。

 

というかこの記事を見ているほとんどの方は、

「そもそもjavascriptって何?」って方だと思います。

 

そりゃそうですよね。

 

プログラムとかwebとかの専門知識ですもん。

 

私は多少プログラムをかじっているわけですが、

それでもよくわかってないです。

 

理解していた方がいいんでしょうけど。

 

でも知らなくても使うぶんには困りませんから。

 

ただ、知ってるとより使いこなすことができますよ。

 

これはChromeに限った話ではないですけど。

 

なんでもそうですよね。

 

そりゃ、より深い部分を知っていた方がいい。

 

でも別に知らなくても使える。

 

あなたはどちらを選ぶのか。

 

はい、本題からずれましたが以上です。

 

 

 

これにて

 

tsunakan.hateblo.jp