つなかん’s プログラミング!ってことにしておこう

高校生のプログラミング挑戦記とかいっちゃうけど、、、実は

【現役高校生が選ぶ】生物が好きで好きでたまらなくなる本

f:id:tsunakanSP:20171001171027j:plain

人体の神秘を知ったらきっと生物が好きになる

 

 

こんにちはつなかんです、今回は書評!

紹介する本は、『面白くて眠れなくなる人体』です。

 

以前書店でこの本を見つけて、手にとったのですが結局買いませんでした。

 

ですが今日、本が読みたくて読みたくてたまらなくなったので、

なんか面白そうな本ないかな、と探していたらこの本が見つかり早速購入し読んでみました。

 

 

では早速書評の方に入っていきたいのですが、まずはこちらをご覧ください。

 

 

この本を読むべき人

・受験に生物(基礎)を使うが、どうしても好きになれない人

・生物が苦痛で苦痛で吐き気がする人

・生物学に興味のある高校生、または既卒

 

 

あなたはこれに該当しましたか?

まあしていてもしていなくてもこの記事を読んでみてください。

 

きっと興味が湧いてくると思います。

 

それではどうぞ!

 

 

 

あなたはなぜ生物に興味がないのか

 

わたし自身生物には全く興味がありませんでした。

 

なんでだろう、と考えてみると

いまいち実感がない、からだと思いました。

 

自分たちの体とこととはいえ、ホルモンとか神経がどうのこうの言われても正直どこか別世界のことだと思ってしまいます

 

別世界のことなんてどうでもいいですよね?

だから興味がないのだと思います。

 

 

 

身近なことから説明してくれる

 

早速この本の特徴を書いていきます。

 

たとえば、ラーメンを食べると鼻水が出るのはなんでだろう、と思ったことはないですか?

 

こんな身近な疑問から説明してくれるんです。

 

だから自分でもイメージしやすいし、

なによりこれは別世界のことではなくて、自分の体のことなんだ。そう思える。

 

自分のこととなれば、どうでもいいや、とはならないですよね?

 

だから少しずつ興味が湧いてくる。

 

 

 

一度興味が湧いたら勝ち

 

この本は読めば少しは生物、ヒトの体について興味を持つと思います。

 

少しだけか、なんて思うかも知れませんが

その少しがトリガーになるんです。

 

気になったら調べますよね?

そしたらまた気になることが出てくる、さらに気になることが出てくる。

 

それを繰り返していく内に、

少ししか興味がなかったはずのものが、めちゃくちゃ興味のあるものになっていきます

 

人は興味があるものは簡単に覚えちゃうので、こうなったら勝ちです。

 

 

 

まとめ

この本を読むと少しは興味を持つと思いますが、

調べないで放っておくと、興味がなくなってしまいます。

 

なので興味を持ったらすぐに調べる、こういう姿勢が大切なのではないかと思います。

 

 

勉強ってたのしい!

 

 

 

本のリンクはこちら↓

https://www.amazon.co.jp/%E9%9D%A2%E7%99%BD%E3%81%8F%E3%81%A6%E7%9C%A0%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%82%8B%E4%BA%BA%E4%BD%93-%E5%9D%82%E4%BA%95-%E5%BB%BA%E9%9B%84/dp/4569808239

【体育嫌いに捧ぐ】あの苦痛から少しでも解放される方法

f:id:tsunakanSP:20170902204514j:plain

おっす、中学まで体育が大嫌いだったつなかんです。

 

体育嫌いにとっては死活問題ですからね。

あの苦痛を味あう人が少なくなってほしい、そんな思いで記事を書いてます。 

続きを読む

普通の高校生でもお金を集めることができる、それがpolca

f:id:tsunakanSP:20170901211921j:plain

 

polcaってなに?と言う方はこちらをどうぞ

注目の資金調達アプリ「polca」とは? 世の中がなめらかになるフレンドファンディング

 

 

お金がないを言い訳にできない世界がやってきた、

この言葉を何度も見てきたけど今回初めて実感できた

 

 

 

 

 

 

今回私が支援を募集させていただいた企画は 

プログラミングの本が欲しい、という内容です。

 

無事、目標金額に達しました。 

 

そんなことはどうでもいいですね。

次は支援されるのに必要なことを見ていきましょう。 

 

 

 

支援されるのに必要なこと

ずばりプレゼン力です。

これがあればいくらでもお金を集めることができます。

 

いやふざけた企画だったら支援されないだろ?

 

そんな声が聞こえました、、、

ぶっちゃけ言っちゃうと支援されちゃうんですよ、これが。

 

ここがpolcaの面白いところで、どんな内容だとしてもプレゼン力が凄ければ十分支援される。

 

その理由は公式を見ていただけるとわかります。

 

内容+プレゼン力=支援の集まり具合

 

この公式を見ていくと、どんな内容だったとしてもプレゼンが凄ければ支援される理由がわかるでしょう。

(ほんとうは掛け算にしたかったけど、そうすると不都合が・・・笑)

 

 

 

本当にプレゼン力は必要?

今回初めて目標を達成することができました。

その大きな要因は、影響力のある方にリツイートしていただけたから、ではないかと思います。

 

ここでは影響力が大きい=フォロワーが多いとさせていただきます。

 

いつもならハッシュタグ#polcaをつけてツイートしたとしても、インプレッションはせいぜい200。

しかし今回リツイートしていただいたツイートは現時点で6000を超えています。

 

30倍ですよ、30倍。

 

圧倒的ですよ。

リツイート後はリンクのクリック数もめちゃめちゃのびました。

 

 

「ということは影響力のある人にリツイートしてもらうのが一番いいのではないか」

 

確かにそうなのですが、そのような方にリツイートしてもらうにもプレゼン力が必要なんですよ。

 

フォロワーが多い人はどうでもいいツイートをリツイートしたりしませんから。

 

それはフォロワーが多い理由を考えるとわかります。

 

あなたがフォローしたくなるのってどんなアカウントですか?

「おなかすいた」とかつぶやいてるアカウントですか?

 

違いますよね。

 

好きな芸能人、アーティストとかですよね。

それらに共通するのは何か。

 

そう、あなたにとって有益な情報をツイートしてる、ということなんです。

 もちろんリツイートすることもその人に関係することですから、これもまた有益。

 

 

ということは相手が有益だと思えるようなツイートをする必要がある訳です。

これに必要なのはやはりプレゼン力

 

 

 

まとめ

プレゼン力の大切さをわかっていただけましたか。

それさえあれば本当にただの高校生だってお金を集めることができるんです。

 

ぜひpolcaを使ってみてください。

 

おわり。

 

コスパ最高 5,000円以下のグッドな音質のBluetoothスピーカーはコレ

f:id:tsunakanSP:20170802170425j:plain

昨日に引き続き今日もレビュー、どうもつなかんです。

 

tsunakan.hateblo.jp

 

 

本日はスピーカーのレビューとなっておる。

では早速行こうか。

 

続きを読む

【朗報】pc使いながら快適に本を読む方法がコレwwwwwwww

ちわーっす、つなかんです。

 

私最近webデザインの勉強を始めたんですよ。

近いうちにwebサイトを公開しようと思ってます。

それは今回のこととは関係ないんで詳しくは書きませんが。

続きを読む

あなたもMacBookおじさんに挑戦しない?

f:id:tsunakanSP:20170727131143j:plain

こんにちは、つなかんです。

 

この度

MacBookおじさん.comに挑戦しました!

続きを読む

手が痛い!その悩みはこのシャーペンが解決

f:id:tsunakanSP:20170720220257j:plain

 

お題「お気に入りの文房具」

 

さっさと特徴を知りたい方は目次をご利用ください。

 

目次

 

はろー、今日は文房具に関する記事だ。

 

俺っち、ずっと悩みがあったんだ、それはシャーペンを長時間使うと手が痛くなること。

続きを読む

【夏バテ】暑いからと言って冷たいものを食べ過ぎてはいけない理由

f:id:tsunakanSP:20170711102422j:plain

おひたしぶりです!

 

最近暑いですよね、寒い逆で涼しくなったでしょうか。

 

暑くて何もする気にならない、夜も眠れない。

そんな日々を過ごしているかと思います。

 

続きを読む

本当に魔法使いたいって思ってる?

f:id:tsunakanSP:20170622212644j:plain

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

 

魔法が使えること自体に憧れているんじゃない

魔法や超能力に憧れるのって、自分だけが特殊なことができるからじゃないですか?

続きを読む